download市場調査レポートDL
inquiry無料相談はこちら
tel03-6328-2881
最短当日見積 見積もり
依頼
request資料請求は
こちら
inquiry無料相談は
こちら

コンセプト調査

Concept Research

Aboutコンセプト調査とは

コンセプト調査は、商品サービスの開発を行う上で必須ともいえる検証プロセスです。

一般的にコンセプト開発は、
①アイデア(簡易コンセプト)をスクリーニングする「アイデアのスクリーニング」
②アイデア(簡易コンセプト)をフルコンセプトにブラッシュアップする「コンセプトの開発」
③コンセプトが製品化する価値があるかを判別する「コンセプトの評価」のステップで進められます。


この一連の流れの中で実施するのが、コンセプト受容性調査です。

コンセプト調査のメリット

コンセプト受容性調査を行うことで、以下のメリットがあります。

メリット

社内で検討したアイデア
(簡易コンセプト)について、
どれを開発に進めるべきか、消費者視点で判断できる

メリット

ブラッシュアップしたコンセプトが、
市場や想定ターゲットに受容されるか
(購入したいと思わせることができるか)、
このまま多額の投資を必要とする
製品開発に進めてしまってよいか、判断できる

ネオマーケティングのコンセプト調査の特徴

01. 国内最大規模のアンケート会員保有数

日本国内アンケート会員2700万人(提携含む)から、ご希望の調査対象条件に合致する対象者に調査を行ないます。特定の商品カテゴリについて、使用頻度、使用方法などの使用状況に応じた、調査対象者条件の設定が可能です。 どのくらいのサンプル数が確保できるか、お見積りも可能です。調査が困難だと思われる対象者条件であっても、まずは一度ご相談ください。

アンケート会員(アンケートパネル))について

02. コンセプト開発における全ての調査を支援可能

コンセプト開発の3つのステップ、①アイデアのスクリーニング②コンセプトのブラッシュアップ③コンセプトの最終評価、において、定量調査と定性調査を組み合わせて、すべての調査を一気通貫でご支援可能です。

03. コンセプトのアイデア開発も支援可能

ネオマーケティングでは、商品サービスのコンセプトアイデアを開発するため、リサーチとデザイン思考を活用したサービス「インサイトドリブン」を提供しています。 新商品サービス開発について、まず何から実施すべきか課題をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

コンセプト調査の調査項目例​

調査項目はその商品・サービスによって、またどのように分析するかによって異なりますが、ここでは代表的な項目例を紹介します。

  • 回答者属性

    結果を分析するために、回答者がどのような人なのか、取得します。

  • 現商品サービスカテゴリの利用・満足度実態

    現在の商品サービスに対する利用実態、満足度実態を把握し、コンセプト受容性の分析に活用します。

  • 各コンセプトに対する理解

    それぞれのコンセプトに対して理解できるか、イメージできるか取得します。詳細なコンセプト提示前後でコンセプト評価に大きな変化がないかも確認します。

  • 各コンセプトに対する興味喚起度・購入意向度

    それぞれのコンセプトに対して興味喚起度・購入意向度を調査します。コンセプト案全体と個別の文章に対して、評価を取得します。

  • コンセプトの相対評価

    コンセプト案を比較し、どのコンセプトが良いか相対的な評価を取得します。

分析・アウトプットイメージ

コンセプトの受容性評価

各コンセプトを「使用意向」(使ってみたいと思ってもらえるか)、「新奇性」(今までになかったものだと思ってもらえるか)の2軸からプロットします。この両方で高い評価を得ると、コンセプトの成功確率が高くなります。​

コンセプトのターゲット把握

コンセプト受容者と非受容者(もしくは全体)の視点から、属性やカテゴリー商品の使用頻度、使用目的、選択重視点などを比較することで、コンセプトの想定ターゲットや特徴を把握することができます。

Q&Aよくあるご質問

コンセプト案を改善し更に磨きをかけたい場合、インタビュー調査をお勧めしています。インタビューの中で、コンセプト案の改善点を洗い出します。
ネオマーケティングではインタビュー項目の設計からご支援しています。アイデアの絞り込みから、ブラッシュアップの調査まで、お任せください。
商品企画リサーチについて

コンジョイント分析という方法があります。この分析を行うことで、消費者がどの属性(項目)を重視しているか、各項目毎に定量的に可視化、比較することができます。分析のための調査設計が必要になるため、ご相談ください。

商品コンセプトには、大きく3つの要素が必要です。
①ニーズを喚起するメッセージ
②消費者のベネフィット
③説得力のある根拠
この3つをまとめたシート(コンセプトシート)を作成し、コンセプトの受容性を調査していきます。

Contact

まずは、お気軽にお問い合わせください。