download市場調査レポートDL
inquiry無料相談はこちら
tel03-6328-2881
最短当日見積 見積もり
依頼
request資料請求は
こちら
inquiry無料相談は
こちら

使用実態調査(U&A調査)

Usage & Attitude Survey

About使用実態調査(U&A調査)とは

特定の商品・サービスカテゴリーについて、生活者の意識や使用実態を把握するための調査で、U&A調査(Usage and Attitudeの略)とも呼びます。
市場参入前と参入後、それぞれ実施します。市場参入前の場合、ターゲット顧客の把握、ニーズの探索、市場参入の戦略を描くために実施します。
市場参入後の場合、競合を含めて自社商品・サービスが使用される理由、使用方法の詳細、満足度等を把握し、その後のマーケティング施策に活用します。

使用実態調査(U&A調査)のメリット

市場参入前に実施する場合、すでに市場に存在している商品サービスが、
どのような消費者に使われているか、どのような使われ方をしているか、どのような課題・ニーズがあるかなどを把握し
市場参入の参考データとすることができます。
既存の商品サービスに関して実施する場合は、自社や競合商品サービスの認知・購入・使用の実態を把握し、
今後のマーケティング活動に活用できます。
消費者が認知~購入~リピートに至るまでの流れの、どこで離脱しているか、ファネル上の課題を明らかにすることができます。

ネオマーケティングの使用実態調査(U&A調査)の特徴​

  • 01.国内最大規模のアンケート会員保有数​

    日本国内アンケート会員2700万人(提携含む)から、ご希望の調査対象条件に合致する対象者に調査を行ないます。
    特定の商品カテゴリについて、使用頻度、使用方法などの使用状況に応じた、調査対象者条件の設定が可能です。
    どのくらいのサンプル数が確保できるか、お見積りも可能です。調査が困難だと思われる対象者条件であっても、まずは一度ご相談ください。​

    アンケート会員について
  • 02.適切な調査設計が可能 インタビューを通じたインサイトの探索も得意​​​​

    調査設計、分析、提言を専門に行うリサーチャーが多数在籍し、課題を解決する調査設計をご提案しています。​
    定量調査、定性調査、どちらの使用実態調査についても、それぞれを専門にしているリサーチャーが伴走します。
    どのような対象者に、どのような内容を聞くべきか、その結果をどのように分析し活用すべきか、悩まれている方もご安心ください。

  • 03.使用実態調査20年以上の支援実績と、様々な業界傾向をふまえた提案

    ネオマーケティングに依頼いただく調査テーマとして、使用実態調査は非常に多く支援実績があります。
    調査に関して、年間2000件以上の調査実績と様々な業種での支援実績があり、そこで培ってきたノウハウを基に、最善のご提案をします。

  • 04.使用実態把握後の、結果活用、施策実施まで支援

    実態把握のための調査は、ややもすればデータを確認して終わり、となってしまう可能性もあります。顧客の解像度を上げるだけでなく、その後の施策や商品サービス改善につなげることが重要ではないでしょうか。
    ネオマーケティングは使用実態調査を活用することを第一に、活用用途を見越した調査設計、分析、分析結果から見える今後の示唆まで、ご支援が可能です。調査を活用することに課題を感じている方は、是非一度ご相談ください。

    使用実態調査を活用する PRサービスについて

使用実態調査(U&A調査)の調査項目例​

調査項目はその商品・サービスによって、またどのように分析するかによって異なりますが、ここでは代表的な項目例を紹介します。

  • 回答者属性

    満足度の結果を分析するために、回答者がどのような人なのか、取得します。

  • 認知実態の把握

    各商品サービスブランドについて、そもそも認知しているのか、どのような経路で認知したかを明らかにします。ブランドイメージを取得する場合もあります。

  • 購入実態の把握

    各商品サービスブランドについて、購入経験、購入場所、購入理由など、認知後の購入フェーズを深堀します。

  • 利用実態の把握

    各商品サービスブランドについて、利用目的、利用シーンなど、購入後の利用フェーズを深堀します。

  • 評価・満足点・不満点

    各商品サービスブランドについて、どのように評価しているのか、満足点、不満点はどこかを明らかにします。

分析・アウトプットイメージ

購買ファネル

調査で明らかになった認知率、購入経験率、リピート率などの値を、購入ファネルとして整理したアウトプットです。満足度や利用意向度も加えて整理することもあります。

使用シーン・購入重視点

商品サービスの利用シーン、利用理由、購入重視点などを把握し、どのようなニーズがあるのかを視覚化して確認できます。

商品サービスの評価:ベネフィット・ストラクチャ・アナリシス

購入重視点と満足度のギャップを把握することで、どのような未充足ニーズがあるかを把握します。

Q&Aよくあるご質問

以下のコラムに調査票テンプレートを用意しています。基本的な調査項目を網羅しています。是非ご活用ください。 使用実態調査(U&A調査)とは

市場全体を確認するうえではネットリサーチだけで十分です。しかし、消費者がなぜそのような買い方、使用方法をしているのかといった、理由の部分までは深堀できません。
ネットリサーチだけでなく、インタビュー調査や訪問観察調査を組み合わせることで初めて、消費者のインサイトまで捉えることが可能になります。

Contact

まずは、お気軽にお問い合わせください。