D2CD2C支援サービス

AboutD2C支援サービスとは

今までのインターネット通販、ECサイトのあり方は、
事業会社とメーカーが直接生活者とつながるD2C(Direct to Consumer)の出現で大きく変わろうとしています。

D2Cでは、ブランドの世界観や思想に共感するファンの存在、リピーターの存在が欠かせません。
そのため、D2Cではまず顧客ターゲットを深く理解し、その上で、自社のブランドの世界観を伝えるコミュニケーションを行い、顧客体験を構築していくことが必要です。

ネオマーケティングでは特に中小企業様向けに、D2Cビジネスの支援サービスを行っています。 ただECサイトを構築するだけにとどまらず、ブランドの世界観やサイトコンセプト制作のご支援から、D2Cビジネスを強力に推進するデジタルマーケティング、企業の窓口となって顧客体験を形作るカスタマーサクセスまでをご支援しています。

特徴

Feature

  • リサーチによるターゲット理解

    リサーチによるターゲット理解

    ECサイトの構築、またD2Cビジネスの立ち上げは、企業の戦略上かなり重要な要素であり、そのための事前情報や仮説検証のための情報は必須と言えます。
    まずはターゲット顧客の実態やニーズを把握するために必要なWebリサーチ、プロトタイプを制作した後にターゲット顧客からの評価を確認するためのインタビュー調査を、ECサイト構築のプロセスの中に組み込んでいます。
    また、各種リサーチで得た情報を関係者間で確認しアウトプットする場として、ワークショップもプロセスの中に取り入れています。

  • shopifyでの制作が可能。

    shopifyでの制作が可能

    shopifyを使ってのサイト構築が可能です。Shopifyは拡張性に優れ、決済サービス、在庫注文管理、マーケティング機能など、必要性に応じて機能領域をカスタマイズすることができます。他のマーケティングツールとの連携も可能です。
    外国語対応、外貨通貨決済への対応も容易に行うことができ、国内のみならず海外へのサイト展開も容易にします。事業者、ブランドの世界観をサイト上で伝えるインターフェースを提供しつつ、マーケティング観点で実現したいことを機能拡張していく柔軟性を有しています。

  • サイト制作・集客・カスタマーサクセスがワンストップ!

    ECサイト構築後のサイト集客、ファン獲得・育成、カスタマーサクセスまでご支援しています。前工程でターゲットの明確化、ブランドコンセプトの定義、カスタマージャーニー・ペルソナ作成などを行っているからこそ、集客のためのプレースメントや、広告クリエイティブをターゲットユーザーに最適化することができます。

開発・構築

Operation

リサーチ×デジタルマーケティングの提供体制を内製し、一気通貫のサービス展開を可能にしています。

サーチ×デジタルマーケティングの提供体制を内製

サーチ×デジタルマーケティングの提供体制フロー

事例

Example

  • 園芸メーカーのD2Cコンサルティング・ECサイト構築新規で自社ECサイトを立ち上げ、他社との差別化も図りたい。

    • 課題

      ・販売チャネルのデジタルシフト

      ・自社商品のターゲットと、提供チャネル(デジタル)の乖離

      ・コミュニティサイトを目指したいが、どのようなコンテンツを提供するサイトにすればよいかがわからない

    • 提案

      正しいターゲットの把握:現在の通販商品はアッパー層向け(50代以上)の商品が多く、誰向けのサイトコンセプトで構築するかを定義する。他社サイトと差別化するうえで、どのような世界観で、どのようなコンテンツを提供していくべきか

      Webリサーチによるターゲットの明確化、ターゲットユーザーの需要把握を行ったうえで、全体の世界観・ブランドコンセプトを固めるワークショップを実施。そこで固まった内容をもとにサイトのプロトタイプを作成し、デプスインタビューで評価。データの裏付けが取れてから本サイトを作成することで、成功率を上げました。

    • 結果

      プロトタイプへの評価まで実施した後、ワークショップで固めた内容を含めたECサイトのコンセプトシートを作成。リサーチによる度重なる検証結果と、ワークショップでの関係者間の合意により、本プロジェクトの推進にあたり、社内の様々な意見の調整が可能に。説得力をもって方向性を示すことができた。

Q&Aよくあるご質問

あくまで概算となりますが、EC構築においては10SKUで80万円~150万円にて制作可能です。

ターゲット選定、コンセプトメイキング、プロトタイプ評価、サイト構築の一連の流れを実施すると、全て完了するまでに3~6ヶ月ほど掛かります。部分を切り取って実施することも可能なので、その場合は必要期間は短くなります。

ブランディングや世界観は顧客体験において形づくられます。 特に、D2Cにおいては「売り手と買い手」ではなく、お互いに共感で繋がるパートナーや コミュニティのような関係性を実現することが重要です。共感できる顧客体験を形づくるためには、コンセプトやブランドストーリー、 ターゲット明確化など、顧客理解の徹底が不可欠であり、顧客リサーチは欠かせない手段となります。

Content List関連コンテンツ

Research List関連リサーチ