Evoked Set Marketingエボークトセットマーケティング

Aboutエボークトセットマーケティングとは

ブランドとは、商品の志・体験・評判によって記憶されたイメージ。

エボークトセットマーケティングとは、エボークトセット調査で得られるブランド浸透の把握とカテゴリーにおける利用シーンや利用目的から
カテゴリーの利用の入口(カテゴリーエントリーポイント※以降CEP)を把握し、CEPのボリュームからフォーカスすべきCEPをみつけ
コミュニケーション戦略に活かすマーケティングスキームです。

エボークトセットで№1を取っているブランドは、カテゴリーにおいて記憶から呼び出される確率が高くなり
結果的に選ばれ易くなります。
また、一度記憶されたブランドは記憶が刷新されづらいため、エボークトセットに入っていないブランドに関しては
新たなCEPでエボークトセットに入る事が重要です。

エボークトセット共同研究プロジェクトにおいて想起されるブランドの数を調べた結果
多くの商品カテゴリーで想起されるブランドは平均2個未満であることがわかっており
更に、商品カテゴリーのブランド想起率と商品カテゴリーにおける売上シェアの相関関係があることも確認できていることから
この課題に直面しているブランドは多数あります。

エボークトセットマーケティングではブランド管理を行いながら新たなCEPを見つけ
フォーカスしたCEPで№1を取るマーケティングスキームです。

1つの商品カテゴリーで想起されるブランドは、
平均で2個未満である

商品 ブランド想起率

解決できる課題

Solve

エボークトセットマーケティングは、以下のような課題を解決します。

  • 自社の商品・ブランドをもっと生活者に浸透させたい
  • 売上に寄与するブランディング活動を行いたい
  • ブランディング活動の効果を測りたい
  • 自社の商品・ブランドの独自性を築きたい
  • 既存客の離反を起こさないよう、新しい顧客層を獲得する方法を検討している

特徴

Feature

    • 数値に基づいてブランディング活動を支援

      ブランディング活動の課題、効果測定ができない、という課題を解決します。

    • 時流と専門性に裏打ちされた指標

      昨今のEコマースの台頭、それに伴う店頭での購買機会が減少する中、ブランドの「指名買い」が増加している傾向があります。今後、いかに生活者に想起されるか、特に「第一想起」となれるかということが重要な指標になります。
      エボークセット戦略コンサルティングは、アカデミックな視点も踏まえたエボークトセット調査を基点としています。更にSNSという、生活者の生の声・姿も分析対象とし、ブランド戦略の立案に活用しています。

    • 調査、分析、施策をワンストップ

      エボークトセットマーケティングは、ブランドの現状を調査分析し、狙うべきブランドの方向性を定め、コミュニケーション戦略から施策の実行までをワンストップで行います。

Content List関連コンテンツ

Research List関連リサーチ

Contact

まずは、お気軽にお問い合わせください。