EvokedSet共同研究プロジェクト監修者・恩藏 直人メッセージ

Message from Naoto Onzo監修者・恩藏 直人メッセージ

消費者は様々なブランドを知らず知らずのうちに分類し、頭の中で類型化しています。
マーケティングでは、それをブランド・カテゴライゼーションという枠組みで整理しています。
私たちは、その分類の一つである「想起集合(evoked set)」に注目し、共同研究に乗り出しました。

消費者が製品やサービスの購入を考えたときに買いたいと思う「想起集合」は、
市場シェアや認知率などとともに、きめ細かいマーケティングを実施する上で貴重な指標になるはずです。
「想起集合」に関するデータを蓄積、分析し、様々な提案をしていきたいと考えています。

早稲田大学

恩藏 直人

Profileプロフィール

日本のマーケティング研究における
代表的研究者の一人

恩藏 直人おんぞう なおと

  • 主な研究テーマとして、ブランド戦略、製品戦略、市場参入戦略、センサリーマーケティングなど
    早稲田大学商学学術院長、商学部長、公認会計士試験委員などを歴任。 現在、早稲田大学商学学術院教授、早稲田大学常任理事

    主な著書
    『マーケティング 第2版』(日本経済新聞出版社 2019)
    『マーケティングに強くなる』(筑摩書房 2017)
    『コトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理』(丸善、2014)
    『マーケティング論 改訂版』(放送大学教育振興会 2008)
    『コモディティ化市場のマーケティング論理』(有斐閣 2007)

< EvokedSet共同研究プロジェクトに戻る