DOWNLOAD調査レポート・データ

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。

市場調査
レポート
SDGs・CSV調査レポート 共同調査レポート ホワイト
ペーパー

住まい・暮らし

2021年02月17日

  • リリース

「スマートフォンの料金プランへの興味関心あり」66.8%!
しかし、「本当はどれがおトクなのかわからない・・・」との声も
20GB必要なし!?毎月のデータ通信量3GB以下 約6割
家族割や店舗で契約できることがカギに?

全国15歳~79歳のスマートフォンユーザー2700人に聞いた 「スマートフォンの料金に関する調査」

生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2021年2月10日(水)~2021年2月12日(金)の3日間、15歳~79歳のスマートフォンユーザーを対象に、「スマートフォンの料金」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

調査背景

年末から各社がスマートフォンの新料金・新ブランドを発表し、大きな話題となりました。しかし、家族割や学割などさまざまな割引プランもあり、どのキャリアがおトクなのか乗り換えるべきなのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、新プランの認知や使用している割引プランなどの調査を行ないました。是非報道の一資料としてご活用ください。

調査概要

調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、15歳から79歳のスマートフォンユーザーを対象に実施(10代は代理回答)

有効回答数:2700名

調査実施日:2021年2月10日(水)~2021年2月12日(金)

「スマートフォンの料金に関する調査」主な質問と回答

◆各社の新料金プランが発表され、「スマートフォン料金が安くなるのはとても良いことだ」84.5%、一方で「結局どこがおトクなのかわからない」31.8%が第2位に。

「スマートフォン料金が安くなるのはとても良いことだ」、「生活スタイルに合わせて選べるプランが出揃ってきたと思う」などポジティブな意見が集まる一方、第2位には、「結局どこがおトクなのかわからない」がラインクインするなどネガティブな反応も。

◆家族割引可能キャリア減少の中、家族で同じキャリア利用は65.7%と多数。

家族の誰かと同じキャリアを使っていると回答した人は全体の65.7%と多数。ただし、各社の新プランは家族割が使えないものも多いので注意が必要。

◆毎月の平均通信量は?:20GBも不要!?「3GB以下」が最も多い結果に。

ahamoなど大手キャリアのオンライン専用プランは20GB近くの大容量を使うユーザーにとってはコスパが良いが、多くのユーザーには3GBのワイモバイルやUQモバイル、利用状況に合わせて料金が変動する楽天モバイルなどがオススメと言えそうだ。

◆故障時のサポート、店頭で受けたい53.6%。

今回発表された新プランは契約からアフターサポートまでオンライン受付のみが多い。
しかし購入後のアフターサポートについて故障時、初期設定時などの場面で多くの方が店頭でサポートを受けたいと回答した。

  • Q1.各キャリアが格安な料金プランを発表していますが、あなたはスマートフォンの料金プランへの興味関心がありますか。(単数回答)【n=2700】

  • Q1.各キャリアが格安な料金プランを発表していますが、あなたはスマートフォンの料金プランへの興味関心がありますか。(単数回答)【n=2700】
    各社からスマートフォンの新料金プランが発表されていますが「特に関心はない」と回答した方は33.1%にとどまり、「以前からスマートフォンの料金プランには関心があった」という回答は41.3%、「以前はそれほど関心がなかったが、年末年始の各社の格安料金プランの発表から関心をもった」25.5%と多くの方が、スマートフォンの料金プランに注目していることがわかります。また、年代で比較をしてもすべての年代で半数以上がスマートフォンの料金プランに興味関心があるようです。

  • Q2.あなたは各キャリアの新料金プラン・新ブランドを知っていますか。それぞれお答えください。(単数回答)【n=2700】

  • Q2.あなたは各キャリアの新料金プラン・新ブランドを知っていますか。それぞれお答えください。(単数回答)【n=2700】<br><br>
    次いで、各新料金プラン・新ブランドの認知をお聞きしました。その結果、すべての新料金プラン・新ブランドの認知が半数を超える結果となっています。特に年末に発表されたNTTドコモの「ahamo」に関しては85.8%と高い数値となりました。

  • Q3.あなたは各キャリアの新料金プラン・新ブランドへの移行を決めている、または検討していますか。(複数回答)

  • Q3.あなたは各キャリアの新料金プラン・新ブランドへの移行を決めている、または検討していますか。(複数回答)<br><br>
    各新プランを知っている方に対し、移行を決めているか、検討しているかをお聞きしました。その結果、移行を決めている・検討している方が最も多いのは「楽天モバイル「UNLIMITED Ⅵ」」となり43.7%、次いで「UQモバイル「くりこしプランS/M/L」」33.1%、「ワイモバイル「シンプルS/M/L」」31.0%と大手キャリア以外がTOP3となりました。

  • Q4.あなたが各キャリアの新料金プラン・新ブランドへの移行を決めている、または検討している理由をそれぞれお答えください。(複数回答)

  • Q4.あなたが各キャリアの新料金プラン・新ブランドへの移行を決めている、または検討している理由をそれぞれお答えください。(複数回答)<br><br>
    移行を決めている、または検討している理由は、各社「価格が安いから」が最も多い結果となっています。また、メガキャリアと呼ばれる3社に関しては「電波がつながりやすいキャリアだから」という回答が第2位にランクインしていますが、その他のキャリアはプランのわかりやすさや手続きの簡単さが検討理由として挙げられていることがわかります。

  • Q5.各キャリアが格安な料金プランを発表していることに対して、あなたの気持ちに当てはまるものをお答えください。(複数回答)【n=2700】

  • Q5.各キャリアが格安な料金プランを発表していることに対して、あなたの気持ちに当てはまるものをお答えください。(複数回答)【n=2700】
    各社の新料金プランが発表され、「スマートフォン料金が安くなるのはとても良いことだ」84.5%、「生活スタイルに合わせて選べるプランが出揃ってきたと思う」23.1%、「3キャリア以外の選択肢ができた」21.4%などポジティブな意見が集まる一方、第2位には、「結局どこがおトクなのかわからない」31.8%がラインクインするなどネガティブな反応もある結果となっています。

  • Q6.あなたが使用しているスマートフォン割引プランをお答えください。(複数回答)【n=2700】

  • Q6.あなたが使用しているスマートフォン割引プランをお答えください。(複数回答)【n=2700】
    Q5では「結局どこがおトクなのかわからない」と31.8%が回答しました。そこで、現在どのような割引プランを使用しているかをお聞きしました。その結果、「家族割」が43.1%で最も多く、次いで、「インターネット割」22.4%と続く結果となっています。

  • Q7.あなたと同じスマートフォンのキャリアを利用しているご家族をお答えください。(複数回答)【n=2700】

  • Q7.あなたと同じスマートフォンのキャリアを利用しているご家族をお答えください。(複数回答)【n=2700】<br><br>
    「同じキャリアを使っている家族はいない」と回答したのは34.3%となり、65.7%が家族と同じキャリアを使用していることが判明しました。新プラン発表タイミングで家族割引を増額したワイモバイルや、NTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアは引き続き家族割引を提供する一方で、「ahamo」、「povo」、「SoftBank on LINE」、UQモバイルの新プラン「くりこしプランS/M/L」、楽天モバイル「UNLIMITED Ⅵ」はシンプルな料金プランが特徴という事もあり家族割引をはじめとしたほとんどの割引サービスの対象外となっているため、注意が必要です。

  • Q8.毎月の平均通信量(使用GB数)を教えてください。(単数回答)【n=2700】

  • Q8.毎月の平均通信量(使用GB数)を教えてください。(単数回答)【n=2700】<br><br>
    各メガキャリアが発表した新プラン・新ブランドのデータ通信量は20GBですが、普段どれくらいの通信量を使用している方が多いのでしょうか。平均通信量をお聞きしました。その結果、「3GB以下」が最も多く62.6%となりました。ahamoなど大手キャリアのオンライン専用プランは20GB近くの大容量を使うユーザーにとってはコスパが良いが、多くのユーザーには3GBのワイモバイルやUQモバイル、利用状況に合わせて料金が変動する楽天モバイルなどがオススメと言えそうです。

  • Q9.3GB、15GB、20GB、25GBのデータ通信量プランでそれぞれでおトクだと思う金額を教えてください。(数値回答)【n=2700】

  • Q9.3GB、15GB、20GB、25GBのデータ通信量プランでそれぞれでおトクだと思う金額を教えてください。(数値回答)【n=2700】<br><br>
    各データ通信量プランでおトクだと思う金額をお聞きしました。その結果、前問で使用している方が最も多かった3GBプランは平均1,090円がおトクだと感じる方が多い結果となりました。15GBは平均1,868円、20GBは平均2,429円、25GBは平均2,924円となっています。
    各キャリアの新プランを選ぶ際には上記の金額を参考にしても良いかもしれません。

  • Q10.あなたがスマートフォンを契約するなら、どこで契約したいと思いますか。(単数回答)【n=2700】

  • Q10.あなたがスマートフォンを契約するなら、どこで契約したいと思いますか。(単数回答)【n=2700】
    今回発表された新プランはNTTドコモ「ahamo」、au「povo」、SoftBank「SoftBank on LINE」、楽天モバイル「UNLIMITED Ⅵ」がオンライン受付のみとなっています。そこで、スマートフォンを契約するならどこで契約したいと思うかをお聞きしました。その結果、スマートフォンを契約するなら「キャリアの直営店」47.5%、「家電量販店などのカウンター」11.0%、「街の携帯ショップ(キャリアの直営店以外)」3.4%と実店舗で契約したいと思っている方が多いことが調査からわかりました。

  • Q11. スマートフォン契約後のサポートについて当てはまるものをお答えください。(単数回答)【n=2700】

  • Q11. スマートフォン契約後のサポートについて当てはまるものをお答えください。(単数回答)【n=2700】
    また、スマートフォン契約後のサポートについて故障時の対応は「店頭サポートしてほしい」という回答が半数を超える53.6%という結果となっています。「初期設定」や「操作の仕方がわからないとき」も多くの方が店頭でのサポートを求めているようです。

  • Q12.あなたは店舗でサポートを受けられることに満足していますか。(単数回答)【n=2700】

  • Q12.あなたは店舗でサポートを受けられることに満足していますか。(単数回答)【n=2700】
    店舗でサポートを受けられることについて、満足しているかをお聞きしました。各キャリアで比較をすると、ワイモバイルユーザーの満足度が各キャリアの中で最も高い46.0%となっています。
    オンラインのみでサポートを提供するキャリアが増えていく中で、対面サポートが可能なショップを1000店舗以上全国に展開するdocomo、au、SoftBank、ワイモバイルが上位となり、その安心感がわかる結果となっています。今回の新プランでキャリアを決めるなら、契約するときだけではなく、その後のトラブル対応も含めて検討することが大切なのかもしれません。


    ■この調査で使用した調査サービスはコチラ
    ネットリサーチ:https://neo-m.jp/research-service/netresearch/

    ■引用・転載時のクレジット表記のお願い
    ※本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。
    <例>「生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なうネオマーケティングが実施した調査結果によると……」

    ■「ネオマーケティング」
    URL : https://neo-m.jp/

データをダウンロードする →
< 独自調査レポートに戻る

Contact

まずは、お気軽にお問い合わせください。