NEWSニュース

最新のニュースをご紹介いたします。

【お知らせ】スパイスファクトリー株式会社と業務提携/中堅・中小企業向けShopify構築支援サービスの提供を開始

2020年07月08日

背景と目的

近年、デジタルデバイスの普及やライフスタイルの変化に伴い、ECの市場規模は拡大を続けています。その中で特に注目を集めているのが、製造者が自社のECサイトを使って直接消費者に商品を販売する、D2Cビジネスです。新型コロナウイルスの影響もあってECへの注目がますます高まっている中、D2Cに新たに取り組もうとする企業様が多くなっています。
D2Cに取り組むうえで、世界NO.1のECプラットフォームであるShopifyは非常に有効な選択肢の1つです。自社の要件に合わせて多彩なアドオン機能を選択できるカスタマイズ性と柔軟性を持ち、グローバルでEC展開する際の必要な機能もそろっています。また開発次第で、自社のブランドに合わせたオリジナルデザインのECサイトを作成することもできます。
しかしShopifyのプラットフォームを利用したとしても、販売につながる効果的なECサイトを作り上げるためには、サイトを使うユーザー心理の把握、UIUXのノウハウ、コミュニケーション設計、それらをサイト構築に落としこむ高度な開発力などが必要です。
消費者のインサイト発掘とWEB集客に強みを持つネオマーケティングのマーケティング力と、スパイスファクトリーのShopifyの開発力を組み合わせ、D2Cを新たに始める企業様と、既存のD2Cのさらなる成長を目指す企業様をワンストップでご支援いたします。

提携サービス内容詳細

消費者調査の結果をもとにターゲットとブランドコミュニケーションを設計しShopifyのサイトを構築します。サイト構築後は設計に基づきコンバージョン獲得のためのWebマーケティング施策をご支援します。

【どのような調査を行うか】
アンケート、インタビュー、行動観察、ワークショップ等、ネオマーケティングが創業より追求・蓄積してきた生活者理解のノウハウを駆使して、ターゲットの明確化からカスタマージャーニーを作成し、サイト構築の根拠とします。さらにサイト構築にあたってのヒューリスティック評価やユーザーテストによる検証作業など、前段の定義設定はもちろん、検証・改善までをワンストップでサービス提供します。

【調査結果をどのようにサイト構築に活かすか】
サイト構築前に適切な調査を実施することでバイアスや思い込みを排し、ターゲット層のメンタルモデルを理解した上でのサイト構築が可能です。ターゲット層により受け入れられやすく、かつ顧客のブランド体験の向上に貢献するサイト構築を行います。

【調査結果をどのようにWEBマーケティングに活かすか】
明確化されたターゲット像とカスタマージャーニーを基に、ターゲットに受容され、訴求効果の高い最適なWEBマーケティング施策を実行します。

ネオマーケティングは、これからも革新的なマーケティングサービスの開発に積極的に取り組んで参ります。


■スパイスファクトリー株式会社について
企業名  スパイスファクトリー株式会社
代表者  代表取締役CEO 高木 広之介
設立   2016年3月
住所   〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-6-13 Spice Bldg.
事業内容 360°デジタル・インテグレーション事業
https://spice-factory.co.jp

< ニュース一覧に戻る