NEWSニュース

最新のニュースをご紹介いたします。

【お知らせ】2021年1月8日発令の緊急事態宣言に伴う弊社の対応について

2021年01月08日

弊社では新型コロナウイルス感染流行以降、お客様ならびにモニターの方に安心して調査を実施していただけるよう、感染対策を万全にして対応して参りました。

2021年1月8日、1都3県に緊急事態宣言が再び発令されました。それを受けて、弊社では実査会場での調査を伴うオフライン調査について、以下のように対応して参ります。

今後の政府機関発表の情報と状況の変化に応じて、対応を変えさせていただく可能性がありますが、
皆様に安心してご利用いただくために臨機応変な措置を取る方針ですので予めご理解ください。

個別の案件については、各担当者にお申し付けください。


■実査当日の感染対策を継続・強化

・調査会場入室前に調査参加者には手洗い・アルコール消毒液で手の消毒を依頼  
 ※アルコールアレルギーの方は除く
 ※上記内容の看板を、調査会場前に設置

・調査会場での体温測定を実施
 ※体温測定の結果、調査参加をご遠慮いただく場合があります。

・弊社社員及び調査スタッフのマスク着用を原則義務化

・クライアント様が立ち会うケースにおいてもマスク着用及び手洗い・アルコール消毒液で手指の消毒をご依頼
 (インタビューについては、リモート視聴を推奨しております)

・ゼロ密調査ルームでの調査実施
https://neo-m.jp/news/2499/

■リクルーティング時の確認を継続

・健康状態(ご自身及びご家族)
 
・以下の事項に関しての事前許諾
  ①実査当日の健康状態によっては、当日会場にて参加をお断りする場合があること
   ※謝礼は発生しない
  ②感染症予防のため、できるだけマスクを持参していただくこと

■クライアント様へのお願い

・当日の体調不良、また感染が拡大している現状を鑑みてのキャンセル等により、調査参加者の人数が不足する可能性があります。参加者確保が通常よりも困難になる可能性をご理解ください。
・余分にサンプルを確保するための「オーバーサンプル」をご相談させていただく場合があります。


■調査に参加されるモニターの方へのお願い

・自身の健康状態がすぐれない方は、お早めにお申し出ください。
・スタッフが手洗い、手指の消毒喚起を行う場合がございます。感染対策にご協力ください。
・マスク持参にご協力をよろしくお願いします。


■オンラインで実施できるインタビュー調査・観察調査について

ネオマーケティングでは、家の中での日常生活行動や消費行動、生活環境にフォーカスしたオンラインリサーチサービスをご提供しています。
以下の調査内容については、オンラインで実施することが可能です。オフライン調査の代替としてご検討ください。

・オンラインインタビュー
インターネット環境があればどこでも実施することができ、クライアント、調査対象者双方にとって、場所と時間の制約が小さいインタビュー手法です。

・オンラインエスノグラフィー
自宅にいる対象者に、普段の自宅の様子や行動を撮影してもらいながら、インタビューでは取得できない情報からインサイトを発見するためのリサーチ手法です。通常、調査対象者の自宅に調査員が訪問して調査を実施しますが、対象者自身に撮影してもらいながら遠隔で調査を進めることができます。

・生活者目線カメラリサーチ
調査員が訪問し行動観察を行う調査では、消費者側に何らかのバイアスが掛かっているのでは、というお声もいただいておりました。生活目線カメラリサーチでは、調査員が不在の中で消費者にカメラ付きメガネをかけてもらい、バイアスを極力なくした状態で、在宅中に行っている作業や生活実態を把握することが可能です。

クライアント様・モニター様・当社スタッフ・調査員など、関係者全員の安全に配慮したルームで安心して実査が行えるよう、これからも変化対応して努めて参ります。


< ニュース一覧に戻る