download市場調査レポートDL
inquiry無料相談はこちら
tel03-6328-2881
最短当日見積 見積もり
依頼
request資料請求は
こちら
inquiry無料相談は
こちら
DOWNLOAD調査レポート・データ

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチ・マーケティング活動活動にお役立ち資料を紹介いたします。

市場調査
レポート
SDGs調査レポート 共同調査レポート お役立ち資料

その他

2022年10月25日

「バリューベースプライシングリサーチ研究 第2弾」~PSM分析が微妙・・・それは「誰に聞くか」の問題なのでは~

生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングでは、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回、日本の男女20₋40代750人を対象に、弊社のバリューベースプライシングに関する仮説を検証するべくインターネットリサーチを実施いたしました。

ダウンロードする →

今回の調査設計・分析担当者
吉原 慶
ストラテジックリサーチャー
吉原さんの画像
マーケティング会社を経て、上場企業のマーケティングリサーチ会社に移籍。
リサーチャーのチームを立ち上げ、マネージャーと従事。リサーチの書籍も出版。
2022年ネオマーケティング(エキスパートG)に合流し、ストラテジックリサーチャーとして「リサーチを起点に、デジマ・PRグループとのシナジーを生み出す」ことをミッションに活動。
同年10月にマーケティングリサーチソリューションDivを新設しマネージャーを兼務

調査背景

リサーチで価格を決めたいけど、結局意思決定できるようなリサーチ結果が得られないというケースは少なくありません。
プライシングリサーチで代表的な手法にPSM分析があります。
これは非常に分かりやすいものの、想定・実態とかけ離れた結果がでることも多々あります。
このような背景から、バリューベースプライシングリサーチ研究会を発足し、価値ベースのプライシングが実現できるリサーチの方法を追求することとしました。
今回はその第二弾になります。

前回)第一弾:Netflixで検証
今回)第二弾:ネオマーケティングの自社企画開発新商品(サプリメント)で検証
次回)計画中

調査概要

調査の方法:ネオマーケティングが運営するアンケートシステムを利用したウェブアンケート方式で実施

調査の対象: 全国、20-40代男女750人

サンプルサイズ:
画像1

調査実施日:調査期間:2022年10月12日(水)~10月14日(金)

◆検証仮説
現在の市場価格を理解していない人は、価値を正確に価格換算できないため市場価格を理解しない人に「いくらの価値」があるかを聞く意味はないのでは?
PSM分析が有効に活用できない、実態と乖離している等といわれているのは、市場価値を理解していない人にも聞いているために「ブレている」だけなのではないか?

◆「バリューベースプライシング第二弾」主なトピック
同一カテゴリユーザーで市場の価格相場を理解している人が価値を価格換算できる
(1)価値を価値換算できない人はノイズになる
(2)価値を価値換算できない人は全体の価格感を下げる要因になる
(3)同一カテゴリーユーザーで市場価格が分かっている人の受容価格がバリューベースプライス


  • バリューベースプライシングを実現するための2W

  • マーケティングで重要なのは2W2H バリューベースプライシングで重要なのは2W
    バリューベースプライシング①

  • 調査結果

  • 乳酸菌サプリユーザーの市場価格理解者は発売価格以上の価値を価格換算する
    バリューベースプライシング②

  • 提示素材

  • 弊社が企画開発し発売した乳酸菌サプリ「おなかはかせ」の特長を提示し価格を調査
    バリューベースプライシング③

  • だれに聞くのがよいか?

  • 価値を価値換算できない人が入ると全体の受容価格は低くなる
    同一カテゴリ(乳酸菌)サプリユーザーで市場価格を理解している人の受容価格が最も高い
    同一カテゴリユーザー>商品カテゴリユーザー、市場価格理解者>非理解者
    バリューベースプライシング④

  • 特長を小出しにすると?

  • 世界中で研究されている「乳酸菌ラムノサス」が配合された栄養機能食品のサプリメントの特長が最も支持されている
    バリューベースプライシング⑤

  • <参考>広告が入るとしたら?

  • 市場価格理解者は発表価格と肉薄・・・非理解者をいれると下がってしまう
    バリューベースプライシング⑥

    「バリューベースプライシングリサーチ研究第一弾」の調査結果より抜粋




ダウンロードする →

ご相談・お問い合わせ

< 独自調査レポートに戻る

Contact

まずは、お気軽にお問い合わせください。